初めてキャッシングを行う場合

 銀行系と消費者金融系

 キャッシングが出来るところと言えば、銀行系のキャッシングとアコムやアイフルなどの
消費者金融系と大きく2つの系列があります。
 両方ともお金を貸すキャッシングの業務を行っていますが、この2つの系列では
全く違います。
 法律でむやみにお金を借りないように制限する、貸金業法で言う年収の3分の1という
総量規制も消費者金融系だけで有効なのです。
 銀行系のキャッシングとは別扱いになります。
 まあ銀行系のキャッシングは、銀行法によって借入限度額があるため、年収の3分の1に
近くまで既に借りている人には、なかなかお金を貸してくれないようになっていますが、
それでもお金を借りるユーザーである一般消費者にとっては、お金を借りる場所としては
あまり変わらないのに、銀行系と消費者金融系と2つあるのは、なんかややこしいところです。
そして不便なことでもあります。
 確かに銀行系と消費者金融系と別の会社だし業種も違うので、経済的な観点から言うと、
別々であるべきなのですが、もっと実際に利用する消費者にやさしい仕組みになって欲しいと
思います。

 

 銀行系には総量規制がない?

 初めてキャッシングをする際には、ほとんど意識をしていないのが
キャッシングの総量規制かもしれません。
総量規制というのは、年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ない、
という貸金業法に書かれている法律です。
 なので、あまり気にすることはないものなのですが、事業などでまとまったお金を
借りたい時などは、結構最初から気にすることもあるかもしれません。

 

 この総量規制と言うルールは、年収の3分の1と言っていますが、それは消費者金融などの
貸金業者から借りることが出来る金額です。
「消費者金融などの貸金業者」というのがポイントで、実は銀行系のキャッシングに関しては
これとは関係がないのです。
 ちょっと説明不足ですし、消費者金融でも銀行系でもお金を借りることは同じなのだから、
本来は統一した法律にすべきだと思います。がそうなっていないのです。

 

 じゃあ、消費者金融で年収の3分の1まで借りて、あと銀行系で借りれば・・と
考えるのは当然のことでしょう。でも銀行系は銀行法の借入限度額というのがあるので
そのような場合には実際は借りれないことが多いそうなのですが、でもちょっと曖昧です。
 なんのための法律か?と考えたら、統一すべきだと思いますけどね。

 初めてキャッシングを行う場合

 キャッシングを行う際には、お金を借りる人のこれまでのキャッシング履歴などを
管理している信用情報センターの情報を参考に審査が行われます。
 信用情報センターに登録されている、その人のこれまでのお金を借りた情報と
その人の職業などから審査が行われます。
ということは、当然初めてキャッシングを行う場合は、これまでお金を借りた履歴なんか
ない訳ですから、その人個人の職業などから返済能力がどれぐらいあるのかがを
判断され、融資可能額や金利なども決まってきますし、その前にお金を借りられるかどうか
なども決まってきます。
 そういう意味では、お金を借りやすいと言えるのかもしれませんが、最初のキャッシングは
今後キャッシングを利用していくために非常に重要な最初なのです。

 

 この最初のキャッシングできちんと返済を行っておけば、この人はちゃんとお金を
返せる人、返済能力のある人と判断されて、次回のキャッシングの審査が通りやすくなるのは
もちろん、次回に借りることの出来る融資額が増やせたり、金利が安くなって、さらに
お金を借りやすくなってきます。

 

 まだ履歴のない最初のキャッシングが一番大事なのです。

 

 車を担保でキャッシングが出来る?

 キャッシングと言えば、昔はなんとなく家など資産価値のあるものを担保にしてお金を借りる
と言うイメージが強かったものですが、最近はなかなか持ち家と言う訳には行きません。
でも同じように資産価値のあるものとして車がありますが、車でもお金を借りることが出来ます。
 ただ、この車を担保にキャッシングする場合は、注意が必要です。
確かに車を担保にするキャッシングは、車と言う担保があるため比較的早くお金を借りることが
出来るかもしれません。
 しかし車を担保の場合、その車の査定額によって借りれるお金が変わります。
要は、その車の査定が高ければ高額の融資も可能なのでしょうが、基本的には車を売る際の
ほぼ最低価格の査定価格にしかならないことが多いのです。
 確かに、お金を返済日までに返せば、車も戻ってくるので一見いいように見えますが、
万が一返せない場合は、最低の価値で車を手放すことになってしまいます。
 車を担保でキャッシングを考えている場合は、最近は無担保でも借りれる消費者金融も
多くなってきていますので、ちょっと待ってよーく考えてみた方がいいかもしれません。

キャッシングは無担保?

 キャッシングというのは、基本的に無担保でもお金を借りられます。
昔なら、土地や家などを担保にしてお金を借りるとか、車を担保にとか言われてましたが、
近年は、無担保でお金を借りることが出来るキャッシングが増えてきています。
なぜ無担保でもお金を貸すことが出来るのか?というと、消費者金融会社全体で個人情報機関を
管理している情報機関を持っていて、今からお金を借りる人のこれまでのキャッシング履歴情報や
年収等様々な個人情報を管理しているため、その人の信用度がすぐにわかる仕組みになっているからです。 ですからお金を借りに来た人がこれまでに延滞などしていない、年収や職業などから判断しても
きちんとお金を返す可能性が高いと判断されれば、無担保でお金を借りることが出来るのです。
 ただ、無担保でお金を借りれる分、それだけの信用度がないと審査に通らず、結局お金を借りることが
出来ないのです。
 お金を借りる人の信用が、担保の代わりになっているのです。