銀行系と消費者金融系

キャッシングが出来るところと言えば、銀行系のキャッシングとアコムやアイフルなどの
消費者金融系と大きく2つの系列があります。
両方ともお金を貸すキャッシングの業務を行っていますが、この2つの系列では
全く違います。
法律でむやみにお金を借りないように制限する、貸金業法で言う年収の3分の1という
総量規制も消費者金融系だけで有効なのです。
銀行系のキャッシングとは別扱いになります。
まあ銀行系のキャッシングは、銀行法によって借入限度額があるため、年収の3分の1に
近くまで既に借りている人には、なかなかお金を貸してくれないようになっていますが、
それでもお金を借りるユーザーである一般消費者にとっては、お金を借りる場所としては
あまり変わらないのに、銀行系と消費者金融系と2つあるのは、なんかややこしいところです。
そして不便なことでもあります。
確かに銀行系と消費者金融系と別の会社だし業種も違うので、経済的な観点から言うと、
別々であるべきなのですが、もっと実際に利用する消費者にやさしい仕組みになって欲しいと
思います。

銀行系には総量規制がない?

初めてキャッシングをする際には、ほとんど意識をしていないのが
キャッシングの総量規制かもしれません。
総量規制というのは、年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ない、
という貸金業法に書かれている法律です。
なので、あまり気にすることはないものなのですが、事業などでまとまったお金を
借りたい時などは、結構最初から気にすることもあるかもしれません。

 

この総量規制と言うルールは、年収の3分の1と言っていますが、それは消費者金融などの
貸金業者から借りることが出来る金額です。
「消費者金融などの貸金業者」というのがポイントで、実は銀行系のキャッシングに関しては
これとは関係がないのです。
ちょっと説明不足ですし、消費者金融でも銀行系でもお金を借りることは同じなのだから、
本来は統一した法律にすべきだと思います。がそうなっていないのです。

 

じゃあ、消費者金融で年収の3分の1まで借りて、あと銀行系で借りれば・・と
考えるのは当然のことでしょう。でも銀行系は銀行法の借入限度額というのがあるので
そのような場合には実際は借りれないことが多いそうなのですが、でもちょっと曖昧です。
なんのための法律か?と考えたら、統一すべきだと思いますけどね。

初めてキャッシングを行う場合

キャッシングを行う際には、お金を借りる人のこれまでのキャッシング履歴などを
管理している信用情報センターの情報を参考に審査が行われます。
信用情報センターに登録されている、その人のこれまでのお金を借りた情報と
その人の職業などから審査が行われます。
ということは、当然初めてキャッシングを行う場合は、これまでお金を借りた履歴なんか
ない訳ですから、その人個人の職業などから返済能力がどれぐらいあるのかがを
判断され、融資可能額や金利なども決まってきますし、その前にお金を借りられるかどうか
なども決まってきます。
そういう意味では、お金を借りやすいと言えるのかもしれませんが、最初のキャッシングは
今後キャッシングを利用していくために非常に重要な最初なのです。

 

この最初のキャッシングできちんと返済を行っておけば、この人はちゃんとお金を
返せる人、返済能力のある人と判断されて、次回のキャッシングの審査が通りやすくなるのは
もちろん、次回に借りることの出来る融資額が増やせたり、金利が安くなって、さらに
お金を借りやすくなってきます。

 

まだ履歴のない最初のキャッシングが一番大事なのです。

車を担保でキャッシングが出来る?

キャッシングと言えば、昔はなんとなく家など資産価値のあるものを担保にしてお金を借りる
と言うイメージが強かったものですが、最近はなかなか持ち家と言う訳には行きません。
でも同じように資産価値のあるものとして車がありますが、車でもお金を借りることが出来ます。
ただ、この車を担保にキャッシングする場合は、注意が必要です。
確かに車を担保にするキャッシングは、車と言う担保があるため比較的早くお金を借りることが
出来るかもしれません。
しかし車を担保の場合、その車の査定額によって借りれるお金が変わります。
要は、その車の査定が高ければ高額の融資も可能なのでしょうが、基本的には車を売る際の
ほぼ最低価格の査定価格にしかならないことが多いのです。
確かに、お金を返済日までに返せば、車も戻ってくるので一見いいように見えますが、
万が一返せない場合は、最低の価値で車を手放すことになってしまいます。
車を担保でキャッシングを考えている場合は、最近は無担保でも借りれる消費者金融も
多くなってきていますので、ちょっと待ってよーく考えてみた方がいいかもしれません。

 

キャッシングは無担保?

キャッシングというのは、基本的に無担保でもお金を借りられます。
昔なら、土地や家などを担保にしてお金を借りるとか、車を担保にとか言われてましたが、
近年は、無担保でお金を借りることが出来るキャッシングが増えてきています。
なぜ無担保でもお金を貸すことが出来るのか?というと、消費者金融会社全体で個人情報機関を
管理している情報機関を持っていて、今からお金を借りる人のこれまでのキャッシング履歴情報や
年収等様々な個人情報を管理しているため、その人の信用度がすぐにわかる仕組みになっているからです。 ですからお金を借りに来た人がこれまでに延滞などしていない、年収や職業などから判断しても
きちんとお金を返す可能性が高いと判断されれば、無担保でお金を借りることが出来るのです。
ただ、無担保でお金を借りれる分、それだけの信用度がないと審査に通らず、結局お金を借りることが
出来ないのです。
お金を借りる人の信用が、担保の代わりになっているのです。

外壁塗装とリフォームのイメージについて

外壁塗装やリフォームの業者のサイト等をインターネット上で目にします。
これらの依頼をすることで自宅の外壁を丈夫で長く持つことができたり、リフォームで高齢者が安心して暮らすこ事できたりと、利用すれば役に立つという印象があります。
一方でこうした工事にかかる費用は、どの位かけるのがいいのかある程度の目安があれば、安心して利用をすることができます。
依頼する業者により、外壁塗装の熟練度には大きな違いがあるというイメージもあり、どの業者を選ぶかが大変難しいといえます。
こうした業者を選ぶ際は、複数の業者をよく比較検討して時間をかけて選ぶことが必要になるといえます。
地元にて長い期間の実績がある業者にすると、信頼をしてこの依頼ができます。

 

外壁塗装で人生変わりました

ずっと外壁塗装の相場をしりませんでした。
その費用がなかったからです。
でも今回は思い切って費用をねん出しました。
今のままではみすぼらしいからです。
そして私の人生が変わったのです。
その外壁塗装業者の作業員と恋に落ちました。
今まで一人で寂しい人生をおくってきたのです。
実家でこのまま、暮らしていくのも気まずかったのです。
でもそんな時に、この外壁塗装をしたのです。
その時の作業員がとてもかっこよくて、とてもきれいにしてくれました。
私はその人にも、きれいになった家にもとても感謝したのです。
そして今私は彼と付き合っています。
家をきれいにしてもらった上に、次は恋をする私をきれいにしてくれました。
こんな出会いもあるんだ、と実感しました。

マンションの周りの環境が影響する

私がマンション売却を考えてから、数ヶ月が経過していますが売却をする際の市場価格や、リフォームをするかしないか..あたりの考え方はまとまってきました。

 

どうしてもネックになってくるのは周りの環境だと思います。
以前は歩いて1分程度の圏内に大型ショッピングセンターがあって、とても便利な環境だったのです。
それが..ショッピングセンターは撤退してパソコンショップとインテリアショップのテナントが入ったのです。

 

なので、恐らく私のマンションの価値は下がったのだと思います。
買い物をするにも車を出してある程度の距離を走る必要があるため、食料の買い出しは時間がかかるようになりました。

 

そのあたりがどれほどマンション価格に影響が出てるかは、私のマンションの売却情報が不動産のネットワークに登録されてから間もなく知ることになると思います。

 

価格はゆっくりと上昇することもあるそうですが、私のマンション以外も売りに出している部屋があるので、恐らく価格上昇は見込めないと思うのです。

私が笑顔になれた理由があります

最近私は笑顔だねとよく言われます。
その理由はマンションが売却できたからです。
私は今までかなり苦労してマンションを売るために頑張ってきたのです。
でもそれが、とても大変でなかなか思うように売却できなかったのです。
それがやっとできたのです。
うまく成立する事ができました。
それも私が思っていた以上の価格で、売れたのです。
ここまでいい値で売れるとは思っていませんでした。
途中、一気に価格を下げようかと葛藤していたのです。

でも負けてはいけないと思いました。
私はこのマンションにとても自信を持っているのです。
住みやすくて、素敵な場所です。
だから私はどうしても私の思う金額で売却したいと思ったのです。
それが思うようにいったので、私はずっと笑顔でいれるのです。
この笑顔は一年ぶりだと言われます。
ずっと悩んでいた顔をしていたからです。
だから私はこの契約にとても満足できたのです。
満足できたから、いつも笑顔で笑っていられるのです。

マンション売却を勉強しようと思っている私

 

私はマンション売却について、今後は勉強をしなければならないと思っています。
というのも私は、親戚が保有しているあるマンションの売却を検討しているのです。
現在はそのマンションには親族が住んでいるのですが、恐らくそこは私が引き継ぐ事になります。
問題は、引き継いだ後です。
そのマンションが完成してから、すでにかなりの年月が経過しています。
私がそこを引き継ぐ頃には、築年数は相当なものになっているはずです。
となると、ちょっと住めるかどうかも微妙な状況になると思います。
そこに住む位ならば、むしろ売却する方が賢明に思えてなりません。
つまりあと数十年後には、私は恐らくマンションを売却すると思います。
ですので私としては、今の内にマンション売却のノウハウを色々と勉強するべきだと思っているのです。
なにせ勉強をするのは、早いに越した事はありません。
ちょっと先の話にはなりますが、できるだけ早めにマンション売却に関する知識を身に付けておこうかなと思っております。

やっとローンを完済できたのです

毎月とても苦しかったです。
私はこのローンのせいで本当に辛い思いをしてきました。
そして私は毎月苦しい生活をしてきたのです。
買いたいものも買えずに、我慢をしてきました。
だからやっとローンが完済できて、本当に喜んでいるのです。
これでこのマンションを売却できるのです。
売却してこのマンションを離れる事ができるのです。
住んでいくうちにものが多すぎて狭くなりました。
もうここには住めなくなったのです。
狭いのです。
子供も大きくなってきたので、窮屈感があるのです。
そこでローンが完済した今、マンションを売却しないといけないのです。
そのために、きついローンに耐えてきたのです。
人一倍の努力をして頑張って完済しました。
別にローンが残っていても大丈夫と言われました。
でも結局は残ったローン分を払わないといけなくなってくるのです。
だったらきれいさっぱりと、ローンを完済したほうがいいと思ったのです。
それが私の望みだったのです。

マンション売却式幸せの形

単身用の分譲マンションで暮らしている女性です。
最近、アクアリウムにハマりにハマり、マンションの中が水槽でいっぱいなんですよね。

 

とはいってもまだまだアクアリウムを楽しみたいという気持ちもなくなりません。
スペースが必要な趣味なので、現在のマンションを売却してより広いマンションへのステップアップが必要な時期になりました。

 

マンション売却は過去に経験があるので、わりとすんなり行くと思います。
できるだけ綺麗に使うように心がけていたので、新築マンションのようなツヤなんですよね。
我ながら物を大事にする性格でよかったとです。

 

このように綺麗に使うように心がけていると、マンションの査定にも大きく響くんですよね。
やはり購入する側としてお汚れているよりは、大事に使われているマンションの方が購入したいのでしょう。
不動産屋さんにとっても手間をかけずに売却できる見込みがある、というみんなにとっての幸せの形なのはいうまでもありません。

マンションを直感で買う

我が家は、中古の一戸建てを買い、それまで住んでいたマンションを売却しました。
そのマンションは新築で買ったもので、売りに出した時点では築2年。築浅なほうでしょうか。
最寄り駅からも5分程度という距離で、南向き。
すぐ売れるだろうと思っていたのですが、実際売れるまでには3か月の日にちがかかりました。
3か月という日数が、中古不動産売買の世界で早いか遅いかわかりませんが、私は長く感じましたね。

 

3LDKで55平方メートル、3人家族にはちょっと手狭、2人では広い、という中途半端さが長引いた理由ではないかと思っていますが。

 

さて、その3か月間、色々な人が我が家を見学しにやって来ました。
大抵は、仲介の不動産屋さんと雑談しながら見学されますが、最初から最後まで無言だった人(とても印象的でした)。
メジャーを持ってきて、あちこちサイズを測っていったしっかり者の人。
壁をトントン叩きまくって帰っていった夫婦。
配管の用語を連発して、それがどこにあるかだけをひたすら気にしていた人。

 

しかし、家を選ぶ時、細かいところを気にしていては、なかなか決まらないのではないでしょうか。
結局、我が家を買ってくれた人は、リビングで世間話だけをして帰ったような人でした。

土地売買やマンション売買と金銭感覚

土地売買やマンション売買などをしている人は、1点気をつけなければならないことがあると私は思います。
その気をつけなければならないこととは、世間一般の人と比べて金銭感覚がズレないようにするということです。

 

土地売買にしろマンション売買にしろ、取引する金額は数百万円から数千万円であることが一般的です。
昔からそうですが土地売買やマンション売買には大きな金額が取引されており、それは今でも大して変わらない事実です。
実際に売却するとなるとマンションを売却するための手続きも面倒です。
売却についてはマンション売却 売りたい!高く査定する方法で詳しく分かります。

 

ですから、土地売買やマンション売買の取引を行なっている人は、明らかに金銭感覚が狂いやすくなってしまいます。
本来、数百万円から数千万円という金額は、年収レベルの金額ですから、それはとてつもない大金です。
ですが、そんな大金を常時取り扱っていれば、金銭感覚がおかしくならないほうが不思議というものです。

 

ですから、土地売買やマンション売買の取引をしている人は、いかに金銭感覚を正常に保てるかが大事だと私は思っています。

土地売買に値段は必要なのか

土地の売買というものは本当に悩ましいものです。
そして、バカらしく感じてしまいます。
土地は誰のものでもない、地球上に住むみんなのもの、こういった根源となる理由があるからこそ理不尽に感じることが多いのです。
その中でも特に理不尽と感じるのが、土地の値段です。
土地の値段は、その年の経済状況や周囲の環境状況によって大きく変動してしまいます。
例え土地そのものが全く変化しなくても、値段だけは一定の金額で落ち着くことなく変わってしまうのです。
ここおサイトを見ておけば間違いないです⇒家を売る
このような理由があるから、土地の売買する上でタイミングが重要になってしまうのです。
土地を所有しているものであれば、当然1番価値の高い時に売りたくなります。
そして、土地の購入を検討しているものであれば、1番価値の低い時に買いたくなるのです。
このような矛盾を孕んでしまう土地の売買に、値段をつける必要があるのでしょうか。
しかも、高額な値段である必要は全くないと思うのです。
土地の売買を当然のごとく行なっている現代社会に、つい疑問を抱いてしまうのです。

ちょっとした外壁塗装ならDIYで

DIYを趣味にする人がいます。
DIYとは自分で作るという概念、いわば日曜大工と同じようなものです。
屋根の修理や壁紙の張替えなど、ありとあらゆることを自分の力で行なおうというものです。
当然、外壁塗装もこの範疇に入ります。
DIYの中では割りと難易度が高いのがこの外壁塗装です。
平屋ならまだしも2階建てとなるとかなりやっかいです。
専門の業者であれば足場を組んで塗装しますが、DIYで足場を組むのはかなり大変です。
足場の材料の確保から実行しなければなりません。
そんな手間ひまをかけるぐらいなら業者に頼んだほうが早いということになってしまうのです。
ただ、それ以外の作業であれば比較的に楽なのが外壁塗装です。
基本、塗装作業がメインとなります。
ローラーや刷毛を使ってひたすら壁を塗るだけなので、その気になれば子どもでもできます。
専門業者に頼むにはちょっと塗る範囲が狭すぎるなあ、と思ったらDIYでの外壁塗装がベストです。
お金が安く済みますし、なにより達成感が味わえるのです。
もっと綺麗にするなら家の外壁塗装は業者選びが重要