銀行系には総量規制がない?

初めてキャッシングをする際には、ほとんど意識をしていないのが
キャッシングの総量規制かもしれません。
総量規制というのは、年収の3分の1までしかお金を借りることが出来ない、
という貸金業法に書かれている法律です。
なので、あまり気にすることはないものなのですが、事業などでまとまったお金を
借りたい時などは、結構最初から気にすることもあるかもしれません。

 

この総量規制と言うルールは、年収の3分の1と言っていますが、それは消費者金融などの
貸金業者から借りることが出来る金額です。
「消費者金融などの貸金業者」というのがポイントで、実は銀行系のキャッシングに関しては
これとは関係がないのです。
ちょっと説明不足ですし、消費者金融でも銀行系でもお金を借りることは同じなのだから、
本来は統一した法律にすべきだと思います。がそうなっていないのです。

 

じゃあ、消費者金融で年収の3分の1まで借りて、あと銀行系で借りれば・・と
考えるのは当然のことでしょう。でも銀行系は銀行法の借入限度額というのがあるので
そのような場合には実際は借りれないことが多いそうなのですが、でもちょっと曖昧です。
なんのための法律か?と考えたら、統一すべきだと思いますけどね。